足指のケアから健康でキレイになる理由とその方法

体の不調で悩んでいて、これまでにいろんなことを試してきたけれど、なかなか良くならない・・

そんな人はぜひ、足指から健康でキレイになる方法を試してみてください。

みなさん体のことは気にするのに、足指のことは意識しません。

でもこれが体の不調につながっています。

足指は体とつながっていて、体の土台、体を健康でキレイにするのにとても大切です。

正しい足指を取り戻し、足指の機能を生かして体をよみがえらせましょう。

まずは足指の健康診断から始める!

始める前に、自分の足指の健康状態を知っておいてください。

ほとんどの大人の人は、正しい足指ではありません。

正しい足指とは、まっすぐ伸び、しっかり広げられ、地面にピッタリつく健康な足指。

「足指健康診断」で、普段意識したことがなかった自分の足指をでチェックしてみましょう。

方法は以下をご覧ください。

➔簡単に自分の足指の状態をチェックする!足指健康診断の方法

➔自分の足が浮指かどうかをチェックする簡単な方法

足指から健康になる理由

「足指から健康でキレイになる!」と言われても、どうしてそうなるのか?

ピンとこないかもしれません。

足指が持っている2つの役割としくみを知りましょう。

①正しい足指が正しい姿勢をつくる。

実は足指は体を支える土台です。

正確には、足裏にある足のアーチと地面にピッタリついた足指で全体重を支えています。

足のアーチ構造

これがあるおかげで、重たい体重を支え、体をしっかり安定させることが可能になります。

ただ、足裏アーチは、よくない足指だと崩れてしまいます。

足裏アーチが崩れると体が不安定になり、いろんな箇所に負担がかかります。

不安定な体をなんとか安定させようとして、腰が曲がり、肩が前にいき、あごが上がり、体がゆがみ、姿勢がわるくなります。スタイルがわるくなり、老けて見え、腰痛、肩こり、それに冷えやむくみ、太りやすいの原因になります。

このもとをたどると、それは正しくない足指から始まっています。

よくない足指とは、足指が曲がっていたり、縮こまっていたり、寝指、外反母趾、浮指など、ゆがんで、広げられず、地面にピタッとつかない足指。

正しかった足指は、合わない靴やデスクワーク、足指によくない生活習慣によって、よくない足指へと変わっていきます。

もちろん足指の状態が、体とは関係なければ何も問題ないですが、足指は体の土台である以上、正しい足指に戻すことは、正しいし姿勢をつくることになるので、とても大切です。

➔姿勢がわるい原因はみなさんが見落としている足指にある。

②足指から血行が整う。

足指のもう1つの役割は、血行を整えるスイッチの役割です。

体のいちばん下にあって、いちばん末端にある足指には、足指から血行を促す働きがあります。

血液はスムーズに流れていると体の調子もいいのですが、滞りがあると不調をひきおこします。

滞りは、冷えや、痛み、むくみ、不眠、疲れなど小さな不調からはじまって、そのままにしておくと病気へとつながります。

足指は、骨や筋肉、血管、神経などを通じて全身とつながっていて、歩いたり、動かしたり、もみほぐしたりすることで足指から全身のめぐりがよくなります。

➔足指の役割を知ると、たぶん、みなさんの足指に対する意識も変わります。

➔足指と内臓がラインでつながってるとイメージしてみると分かること。

足指のケアを実践する。

①正しい足指に戻す。

足指ストレッチ

足指のゆがみや、さびついた足指を正しい足指にもどす方法が足指ストレッチ。

自宅で簡単にできるので無理なく始められます。

詳しい方法は、こちらのサイトに詳しく紹介されています。

足指を広げて伸ばす「ゆびのば体操」のやり方

五本指ソックス

自分の足指がゆがんだり、外反母趾だったり、浮指だったりする人は、足指を伸ばす矯正機能がある五本指ソックスの力を借りることで改善することができます。

履くだけで改善効果があるので、姿勢が悪いと自覚がある人、肩こりや腰痛、冷え、むくみがある人はぜひ試してみてください。

五本指ソックス(ゆびのばソックス)

➔「五本指の靴下の力を借りて体のバランスを取り戻す。」

足指によくない生活習慣の見直し

  • 足のサイズに合わない靴を履いている。・・足指がゆがむ原因になります。
  • 靴下の重ね履きをしている。・・重ねて履くことで、足指をより動かせなくしています。
  • 大股で歩るいている。・・大股で歩くと足指を使えないことが多いです。小股でしっかり足指を使う歩き方の方がおすすめです。
  • 家でスリッパを使っている。・・スリッパ中で滑りやすく、足指をゆがめています。
  • 親指を深爪をしている。・・深爪だと親指に力が入りません。
  • 足にいい靴を持っていない。・・仕事などで履く靴が決まっていても、普段の靴は足にいい靴を履くようにしましょう。

②足指を刺激する。

歩く

歩くと足指を使います。

足指が刺激され鍛えられて、体のめぐりもよくなります。

歩くは、誰でもできる体を健康でキレイにする方法。

ただ、歩くときに注意することは、サイズの合わない靴で歩かないこと。

合わない靴だと余計に足指のゆがみをつくり、無理すると足を痛めます。

また、足指に問題がある人は、サイズが合い、足にいい靴(例えばニューバランスのようなひも付きのスニーカー)で、先ほどの足指をサポートする五本指ソックスを履いて歩くと効果抜群です。

足指の体操

とはいっても歩く時間もままならない、または歩けない・・そんな人もいると思います。

そんな人は、さきほどの「足指ストレッチ」を1日五分やってみましょう。

また他にも、足指を「グーチョキパー」するだけでも十分効果的です。

これならイスに座っていても、お風呂の中でも簡単。

靴と靴下でいつも覆われていて動かしていない足指を使って刺激してあげましょう。

足指ケア

意識しないと、どんどんさびついていく足指。

お風呂に入るとき、足指1本1本を丁寧に洗ってあげるだけでもいい刺激になり、血行がよくなって体がポカポカするのを実感できます。

また、無理のない範囲で、指と指を広げたり、前後に動かしてみたり、指の根元をもって回したりするのもいいでしょう。

足先の血行がよくなるだけでなく、足指は体とつながっているので、冷えやむくみにも効果があります。

足指からよくなること

正しい足指にもどすことで、足指から体のゆがみが改善し、体のバランスがよくなります。

また、体とつながる足指を刺激しトリートメントすると、内臓が活性化し、足指から血流を押し上げて血行が整います。

いろんな体の不調に効果がありますが、とくに滞りやすい女性の不調に効果を発揮します。

●冷えの解消

手や足はそもそも心臓からいちばん遠くにあるので、冷えやすい箇所。

足指が冷たいのは、めぐりがよくないサインです。

とくに女性は足から心臓へ押し上げる血流(=静脈)が滞りがちで、これが冷えの原因になります。

正しい足指にもどし、足指を動かし、刺激してあげましょう。

➔足指が冷えて困ってる人の対処の方法がまちがってると思うこと

➔血液の流れでいちばん滞りやすいのは、下から上への流れ。

●内臓の活性化

足指は体とつながり、また筋肉や筋膜を通じて内臓までつながっています。

足指を刺激することで、内臓も元気になります。

また足指には、リフレクソロジーでいうところの「反射区」があり、さらには東洋医学の考え方にもとづく「ツボ」も集中する箇所です。

足指をもみほぐすことで、反射区やツボを通して、内臓器官が活性化し、血液のめぐりや、気のめぐりもよくなります。

リフレクソロジーでは、足裏に全身の臓器や器官を投影する「反射区」があると考えます。対応する反射区を刺激することで、対応する臓器や器官に働きかけ活性化します。また東洋医学では、体には気の通り道があって、その途中の駅にあたる場所をツボと呼びます。ツボを押すことで、全身の気のめぐりをよくして身体を正常に働かせます。

●ダイエット

正しい足指になると、体のゆがみがなくなり、姿勢がよくなり、体のバランスが整います。

血液のめぐりもよくなって、代謝のいい体になり、太りにくい体に変わります。

また、足指を刺激することで、内臓が元気になり血行が整うので健康的にダイエットできます。

➔ダイエットにいつも失敗する人が足指から痩せる3つの理由と4つの方法

●デトックス

デトックスできる体は、内臓がしっかり働いて、不要な老廃物をきちんと体の外に排出できる体のこと。

不要な老廃物は、血液が回収しているので、血液のめぐりはとても重要です。

足指を刺激することで、内臓が活性化し、下半身の血行が整い、全身のめぐりがよくなってデトックスできる体に変わります。

➔下半身のむくみは、老廃物がたまりやすい足指から解消できる訳。

まとめ

以上、「足指のケアで健康でキレイになる理由とその方法」でした。

足指は体の土台で、足指から血液はよくなります。

そんな大切な働きがある足指なのに、みなさんほとんど意識されないのは、とてももったいないことをしています。

ゆがんだ足指で、足指を使わない生活を続ければ、確実に体の不調のもとになります。

色々やってもなかなか不調が良くならない方は、ぜひ一度試してみてください。