一人サロンは、決して大きなサロンのマネをしてはいけません。

世の中には、たくさんの数のサロンやお店があります。

ちょっと見渡すだけでも、マッサージや、エステ、ネイル、ヘアサロン・・

自宅でされている自宅サロンもありますよね。

 

そんな中、「サロンを開くなんて無理!」だって思っている人がいるかもしれません。

これだけあると、そう思うのも無理ないですよね。

 

でも、そんなこともないんですよー。

別に大きなサロンを開くわけではないんです。

小さなサロンなら、あなたでも十分できます。

大きなサロンの逆を行く。

ただ、小さなサロンをやろうと思ったら、大きなサロンやお店とは、違うやり方をしないと、うまくいきません。

ココが分かれ道。

 

大きなサロンと小さなサロンでは、同じサロンでも、全く違います。

ここを理解しましょう。

お金をかけられる金額も違いますし、接客できる人数も違います。

 

大きいサロンは、たくさんのお金をかけ、たくさんのスタッフで、たくさんの人を接客しなければなりません。

より効率的に売り上げを上げることが求められます。

 

それに対して、小さなサロンは、その真逆。

できるだけお金をかけないで、必要としてくれる方とだけ、より深くつながることが必要です。

 

これだけ違うので、大きなサロンがやってることを、なんとなく参考にしながらやっても、上手くいくはずがないんです。

分かってみると簡単なんですけど、結構おちいりやすい間違いです。

 

あくまでも、「お客様視点」ですべてを考えることが大切です。

このスタートラインからボタンのかけ間違いがあると、この先やることなすこと全部間違ってしまうので、注意しましょう。

 

小さなサロンには合うやり方がある。

小さなサロンには、小さなサロンだからこそ、うまくいくやり方があります。

 

お金をかけずに必要な人に届けるやり方。

大手サロン以上にこだわるコンセプト。

本当に必要としてくれる人の絞り方。

ファンになってもらう方法など・・

小さなサロンだからこそ、徹底してこだわるべきことがあります。

 

そして何よりも、小さなサロンだからこそ、より一人一人の悩みに向き合って、満足してもらい、効果を感じてもらわないといけません。

大きなサロンでは、できないことが、小さいサロンだからこそできるわけです。

小さなサロンをする魅力はそこにあります。

「ホリスティック足指リフレの学校」校長。運営・技術の開発、管理・広報担当。「技術を生かして自分らしく稼ぐしくみ」大阪生まれ、O型。