足指リフレは、リフレクソロジーがベースですが、すこし違います。

「リフレクソロジーをスクールで学んでみたい!」
そう思っても調べても、
実はリフレクソロジーにも、
いろんな種類があります。

一般的には、
「西洋式」「台湾式」というのが
一般的かもしれません。

あと、
「英国式」というのもありますね。

他にもゾーンセラピー、
足マッサージ、
足裏健康法、
足もみ、
フットマッサージ、
フットセラピーとか・・

いろんな名前で呼ばれます。

それぞれ微妙に
手技や考え方は違いますが、
あくまでリフレクソロジーが基本です。

「足指リフレの学校」も、
そんなリフレクソロジーがベースです。

でも、そのどれとも少し違います。

リフレクソロジーと足つぼの違い

いろんな名前で呼ばれる
リフレクソロジーですが、
もともとは、
アメリカでつくられた療法です。

それが世界各地に伝わっていきます。

よく聞く「台湾式」は、
これに東洋医学の考え方も
取り入れたもので、
「西洋式」とは、
押す強さとか、
手技も少し違ってきます。

「足つぼ」というのも
よく耳にしますよね。

「足つぼ」も
足の裏を刺激するので、
リフレクソロジーと
同じように思ってしまいます。

でも、これは
リフレクソロジーとは
違います。

「足つぼ」は、
中国でつくられた
経絡という東洋医学の「気」の考え方が
ベースになっています。

日本でもある鍼療法に近いです。

「経絡」という
気の流れ道の途中にある
駅のようなところを
「ツボ」といって、
「足つぼ」は、
ここを刺激します。

まあ、足の裏を刺激されてる側は、
よくわかんないかもしれませんが・・。

いずれにしても歴史は長く、
世界中でされているのが
リフレクソロジーの特徴です。

スクールで
リフレクソロジーを学びたいと思っても、
実は色々あるんです。

足指に独自の刺激を与える技術

そんなリフレクソロジーを
「足指リフレ」もベースにしています。
でも、そのどれとも違っています。

足の指1本1本に、
独自の方法で刺激を与えるのが
「足指リフレ」の特徴です。

また、東洋医学の考え方や、
体のバランスを取っている
足指の働きを生かしているのも、
特徴です。

「学びたい!」と思ったら
ぜひ、参考にしてみてください。