肩コリで悩む人は強もみ禁止!肩コリを足指から改善する根本的な対処法

美容院によって違うと思うんですけど、髪を切り終わった後、肩を揉んでくれたりするお店ってありますよね。
あれって、けっこう強めじゃないですか・・

みんなどう感じてるんでしょ。

個人的には強めにされると痛いので、そんな時は、ゆるめでお願いします。
でも、本音でいうと、なんか断るのもわるいので、やってもらってますけど、肩とか凝らないので全然やってもらわなくてもいいんですけど・・

結構どこの美容院も強めな気がします。

肩が凝ってる人は、あれが気持ちいいのかもしれませんし、あれぐらい強いのがイイっていう人もいるんでしょうけど、正直なところ、あんまり強くもまれると、逆効果になります。

筋肉は強くもめば、逆に固くなる性質があります。
今は昔と考え方も変わってきてます。

ずっと肩こりが治らない人は、強めに揉んでもらうのは、ちょっとやめてみて、一回自分の姿勢がどうなってるか考えてみるのをおすすめします。
姿勢がわるいと、その肩こりはずっと治らないので・・

強くもみすぎると、逆に固くなる。

テレビで、とんかつをつくるシーンとか見てると、お肉をやわらかくするために、肉をたたいたりしてますよね。
筋肉の繊維をつぶさないと、お肉はやわらかくならないのでそうする訳です。

食べるときはその方がおいしいので、それでいいんです。
でも、肩を強くもむのも、結局同じことをしています。

肩を強くもめば、筋肉の繊維がこわれるから、そのときは軽くなったような気になります。
でも、筋肉は強くもまれて筋肉がつぶされると、こんどはそれを修復しようするから、前より強く固くなってしまいます!

前より筋肉が固くなると、当然前よりも肩がこるという悪循環がおこります。
強くもまれて、その瞬間は肩が軽くなるけれど、またすぐ凝りだして、また強くもまれてを繰り返し、肩こりが慢性化していく・・

ちょっとおかしいですよね。

姿勢の悪さで肩こりに。

ずっと肩こりがなおらずに、いつも強めにもんでもらうという人は、他に原因がないか考えてみた方がイイかもしれません。

肩がこるのは、そこの血行が悪いからで、それは肩に負担がかかるような姿勢になっているからです。

デスクワークなどで、同じ姿勢を長時間しているときも肩がこるときはありますよね。
あれくらいなら、そうならないように、ちょくちょく体を動かすようにすれば、あまりひどくならずにすみます。

でも、姿勢が悪ければ、ふだんの生活のどの動きをしていても、ゆがみから必要以上に負担がかかってる箇所がでてきます。
それが肩の人もいるし、腰の人もいるし、ひざや首の人もいるわけです。

肩こりの原因が、足指!

そして、姿勢の悪さは、体を支える足指の不具合から起こる場合が多くあります。
足指の不具合とは、地面にしっかり接着していない足指の事。

たとえば、外反母趾や、寝指、鏡指、浮指、ちじみ指といった足指。
肩こりの原因が、足指にある!

なので、正しい足指にもどすことで、体を支える土台を安定させれば、肩とか腰に余計な負荷がかからずに、血行もよくなって、筋肉もやわらかい状態になって肩こりも改善していきます。

正しい足指にする方法は、家でするなら、足指のストレッチや足指の体操。
ゆびのばソックスのような五本指ソックスも効果があります。

また、学校で教えている足指リフレのトリートメントも足指を正しくする効果があります。

詳しくは、1DAY講座でもお伝えしていますが、強さや角度やコツは、実際に一緒にやった方がよく分かってもらえると思います。

まとめ

肩が凝ってしかたがない人が、根本的にそれを治そうと思ったら、肩を強くもむんではなくて姿勢から見直す。
見直すときは、自分の足指から見直す。
これが大切です。

----------------------------------------
足指リフレの学校
住所/〒556-0022
大阪市浪速区桜川3-2-1新桜川ビル206
TEL/06ー6537ー7975
お問合せ/info@ashiyubi-refle.com

はじめての方へ
体験講座
1DAY講座
講座一覧

HP/https://ashiyubi-refle.com
Facebook/https://www.facebook.com/schoolyubikara/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いいね!して頂くと、ブログ更新や新しいお知らせが届きます。