自分の足が浮指かどうかを簡単な方法でチェックしてみる。

サロンにも「私、浮指かも・・」っていう方がよく来られます。

肩コリや腰痛、疲れやすい、冷えやすい、他にもマラソンが趣味だけど、よく足を痛める・・・

そうやって来られる方は、結構体にくわしい人です。

そもそも浮指って知ってるってすごくて、知らない人の方が多いと思います。

いろいろ試されて、でもなかなか良くならないから自分の足指に行きついた‥そんな人もいます。

浮指は、姿勢から不調まで、いろんな症状の元になります。

自分の足が浮指かどうかをまずは知っておくのが大切です。

浮指が不調の原因に。

浮指とは、名前のとおり足指が地面にしっかりついてない足のこと。

私たちは足裏と足指ですべての体重を支えています。

それが浮指だと、足指がついてないので足裏だけで体重を支えることになります。

そうなると、かかとに重心がいくので、うまく体を安定できず、ひざや腰、肩が前にいき、あごが上がり、無理なカタチで体を支えようとしてしまいます。

こんな状態が、体をゆがめ、ひざや腰、肩、首に負荷がかかり、凝ったり、痛くなったりするわけです。

浮指の影響は?

浮指だと、体のバランスが崩れているので、血液のめぐりも悪くなり、冷えや便秘、むくみや疲れの原因になって、体の不調のもとになります。

足指がういてるだけで、こんなふうになってしまうんです。

浮指は、本人も気づきにくいので、自分が浮指だと知らない人も多いので、気づける人は、なかなかの人。

ほとんどの人は気づかないまま原因が分からない不調に悩んでると思います。

簡単な方法ですけど、自分の足指が浮指かどうかをチェックする方法を紹介します。

浮指かどうか確認する簡単な方法

・まずはがきや名刺くらいの紙を用意します。

まっすぐ立って、誰かにその紙を足指の下に入れてもらいます。

スムーズに入ってしまうようだと、足指がついていない状態です。

・足で思いっきりグーをしてみて、第三関節の骨がぼこっと出ないようだと浮指の疑いがあります。

※簡単な方法なので、あくまでも目安です。

まとめ

自分が浮指だってことに、実はほとんどの方が気づいていません。

まさか自分の不調は、浮指が原因だったなんて思いもよらないかもしれませんが、体ってそれだけ絶妙なバランスでなりたっています。

いつもヒールがある靴を履いてる人、あまり運動しない人などは、浮指になりやすいので、一度自分で確認してみてください。