羽生結弦選手も知ってる「足指」の大切さ、それはふつうの私たちでも必要です。

学校でお伝えしているのは、「足指」に独自の方法で働きかけるトリートメント。
最近は、「足指」の重要性が、一般的にも知られるようになってきましたが、まだまだご存じない人が多いようです。

でも、一流のアスリートの人は、そのあたりが進んでいて、「足指」を鍛えたり、五本指の靴下を履いてみたりし始めています。

でも「足指」は、普段から鍛えているアスリートだけに大切なんじゃなく、一般の私たちにこそ重要。
ぜひ、知ってほしいです。

一流のアスリートが足指を鍛える時代

フィギュアスケートの羽生結弦くんは、特注の五本指ソックスを履いて演技してるそうです。

普通の靴下だと、5本の指が靴下の中で、1つのかたまり状態になってしまうけれど、五本指ソックスだと、1本1本の指が独立しているので、その分よりしっかり踏んばれる。

確かに、かたまり状態の1本より、1本1本の指でしっかり踏んばれる方が、身体も安定するし、しっかりジャンプも飛べそうです。

羽生結弦くんは、一流のアスリート。
そうするとパフォーマンスが上がるのを知っているんでしょう。

ちなみに、サッカーの長友選手も試合では五本指ソックスらしいです。

それに、テニスの錦織選手は、足指を鍛えてるというのを、テレビか何かで見た記憶があります。

「足指を鍛える」ってどうするのかというと、イスに座って、床にタオルを置いて、それを足指だけで、たぐりよせてくる。
この繰り返し。

一流アスリートにしては地味な運動(笑)

でもこのおかげで、しっかり足指で、地面を踏みしめることができるようになって、ギリギリのボールも拾えるようになったり、身体の安定が増したことで、けがしやすい身体を克服できたそうです。

いままでの話は、何もアスリートに限った話ではありません。それほど鍛えていない私たちも同じことが言えます。

普通の人こそ、足指が大切になる。

羽生選手も錦織選手も、超一流のアスリート。
アスリートとして、「足指」がパフォーマンスにどれだけ影響を及ぼすかを理解したうえで、それを実践しています。

そもそも、私たちは、アスリートと比べるのが失礼なくらい、圧倒的に運動不足の傾向があるので、普段から足指を使えてません。

でも、五本指ソックスなら、私たちでも履けるし、足指を鍛えることも、地味だけど、誰にでもできる。

フィギュアをしてなくても、ジャンプは必要なくても、普段の生活する上で、足指は、身体を支えるのに、とても大切です。

足指1本1本で、しっかり身体を安定させることは、よい姿勢で美しく見えたり、血液循環がよくなったり、肩こり腰痛が改善したり・・
いろんな面で身体によい効果をもたらします。

そんな「足指」にアプローチするトリートメントを学校でお伝えしています。