批判する人は必ずあらわれる。

きのうのワールドカップサッカー、ポーランドと日本。

みなさんどうでしたか?

僕も奥さんに解説しながら、テレビにかじりついてました。

 

でも、次の日こんなに世界中から非難ごうごうになってるとは・・ねえ。

これも勝負の世界じゃないかと思うんですけど・・。

 

ただ、「いいやん」という人と、「それはあかん」という人がこれだけ分かれるのも、めずらしい。

意外とこの人、こういう意見やったんか・・というのが分かって、おもしろいですね。

 

きのうのサッカーに限らず、思い切ったことをするときって、批判する人が必ずあらわれますよね。

でも、気にせず、自分の信じたことをする人が、結局うまくいきます。

 

やりたいようにやりましょう。

FW大迫勇也(28)=ブレーメン=は「1次リーグを突破するために試合をしている。普通のこと」と言い切った。

 

大迫選手みたいに、ブレない人はすごい。

いろんなコメントの中で、これがいちばん気に入りました。

 

何をするにしても、批判する人は絶対あらわれる。

これを勉強したい、これを学びたい、お店をしたい、教室を始めたい、起業したい、っていうと。

 

それに対して、

それは、やめといたほうがいい、それは意味がない、うまくいかない・・っていう人がいる。

 

そんな経験ないですか?

 

大迫選手みたいに、ブレない軸がないと、すぐ落ちこんじゃいます。

 

というより、批判されるのがいやだから、ほとんどの人は言われるような行動はしなくなる。

これがいちばんよくないです。

 

今はどこかに勤めていて、いつかサロンをしたいとか、

今は主婦だけど、なにか絶対したいとか、

独立して何かを始めたいとか、

新しいことに挑戦したいとか・・

いろいろありますよね。

 

そんなときにも、必ず誰か、そのことを批判する人がでてくるけれど、そんなこと気にしないで、やりたいことをしましょう。

その人に、本当のことなど分かりません。

 

体をよくす技術とか、サロンのこととか、自分の技術の生かし方なんかは、お手伝いできると思います。

よかったら、声かけてくださいね。

「ホリスティック足指リフレの学校」校長。運営・技術の開発、管理・広報担当。「技術を生かして自分らしく稼ぐしくみ」大阪生まれ、O型。