からだの流れは、下から上を意識するとうまくいく。

からだにも流れがあります。

それは「血液の流れ」

 

口から食べた「食べもの」

空気を吸って取り入れた「酸素」

どちらも、「血液の流れ」に乗って、からだの栄養として、体中に運ばれます。

また、からだに不要となった老廃物や水分も、「血液の流れ」の中で回収されて、体の外に出ていきます。

 

体にとって、「血液の流れ」は、生命線。

この流れがわるくなることで、不調や、体のトラブルも起こってしまいます。

 

そんな「体の流れ」の中でも、特に重要なのが、「下から上の流れ」です。

体トラブルのもとになる。

体の流れがスムーズなときは、からだも健康で、こころも穏やかなとき。

体の流れは、とどこおりなく、スムーズな方がもちろんいいです。

 

それが、流れの途中に、例えば、大きなごみがある。

また、流れる勢いが弱い。

そうなると、その流れは滞ります。

にごりやすくなり、よごれやすくなります。

 

こうなると、体に栄養がいきわたらず、体にいろんなトラブルが起こります。

 

また、体にとって要らないものが、体から出ていかないので、たまったものが積み重なります。

そんな状態は、体によいわけがありません。

下から上の流れを良くする。

私たちの体には、この「血液の流れ」のうち、とくに滞りやすい場所と方向があります。

それが「下から上の流れ」です。

水も「下から上」には流れません。

自然の法則にしたがえば、ふつうは「上から下」に水は流れます。

 

体でいうと、心臓から足や足指(=下)に送られた血液は、また心臓(上)に戻る流れ。

これが、「下から上」になります。

 

本来、この流れ(下から上)を押し上げるのが、第2の心臓と言われる「ふくらはぎ」の筋肉で、この筋肉の収縮が、血液を押し上げます。

 

ただ、このふくらはぎ(第2の心臓)がうまく機能しない状態だと、「下から上の流れ」がとどこおり、体全体の流れを阻害します。

不調になったり、病気になってしまいます。

 

女性は男性より、筋肉量がすくないので、この流れがとどこおりやすい。

 

足指にアプローチする「ホリスティック足指リフレ」は、この「下から上の流れ」をよくする技術です。

特に女性に効果を発揮します。

「ホリスティック足指リフレの学校」校長。運営・技術の開発、管理・広報担当。「技術を生かして自分らしく稼ぐしくみ」大阪生まれ、O型。

「1DAY講座/足指リフレ」

次回は6/17(日)マンツーマンも可能です。