リフレクソロジストになると・・・専門家として人に頼られます。

人に信頼されて、頼られると、
充実感がうまれます。

いつも何かを頼む方・・ではなくて、
「頼まれる側=専門家」に。

リフレクソロジストは、
身体の専門家。

手に技術があると、
そんなことも可能です。

スキルを身につけて頼まれる側になる。

誰でも、専門家だと
胸を張れるものがあると、
自信がでてきます。

会社員でも、主婦でも・・
それがメインの仕事でも、
そうでなくても、
それでお金を稼いでいても、
いなくても・・・
それは関係ありません。

もちろん専門家になると、
必要な分くらいは、
余裕で稼げるようになるハズです。

でも、お金を得ることが目的じゃなくて、
誰かの役に立つことをしたり、
ボランティアであったり、
自分のライフワークだったり・・・
何でもいんです。

専門家として、
誰かの役に立って、
頼られる側でいると、
人生もっと楽しいですよ。

リフレクソロジストは、からだの専門家。

リフレクソロジストは、
病気を治すお医者さんではありません。

病気にならないように、
いつも体が元気でいることを
お手伝いする専門家。

とても大切な価値のある
専門家です。

誰しも健康でいたいものです。
できれば薬も飲みたくないし、
なるべく病院のお世話にもなりたくない。

そうならないように、
予防するリフレクソロジーのような技術は、
これからも、
もっと必要とされるでしょう。

あなたが、
人に頼られる、
聞かれる、
やってほしいと言われる。

そして喜ばれ、
感謝される「専門家の側」にいる。

それが、
人生をもっと充実させてくれます。

結局、誰かに頼られる、
誰かの役に立つことが、
自分のシアワセにつながるんです。

人の体をケアするリフレクソロジーのような技術を
身につけることは、
専門家として、
頼られる人になるということです。

リフレクソロジストを学ぶ価値は、
そんなところにもあります。

「ホリスティック足指リフレの学校」校長。運営・技術の開発、管理・広報担当。「ひとり起業のアイデアとしくみ相談所」主催。大阪生まれ、O型。